© 2018 by Team Kairos

【普及課HP開設記念第1回目】≪応急手当と救命処置≫

私たちは、いつ、どこで突然のけがや病気に襲われるかわかりません。そのような時、家庭や職場でできる手当の事を「応急手当」と言います。病院に行くまでに応急手当を行うことで、けがや病気の悪化を防ぐことができます。

けがや病気のなかで最も重篤で緊急を要するのは、心肺停止です。急性心筋梗塞、脳卒中などは、何の前触れもなくおき心肺停止の原因となります。プールでおぼれたり、餅でのどを詰まらせた、けがで大出血をした時も何もしなければ心肺停止となります。

 

こんな人を救うため、そばにいる人ができる応急手当の事を「救命処置」と言います。

第2回目のシリーズでは、心停止の予防等具体例を解説していきます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now